入道ヶ岳 北尾根コース 906m

2009年1月3日(土)

9:40 北尾根登山口 → 9:50 愛宕社 → 10:55 避難小屋 → 12:15 北の頭 → 13:10 入道ヶ岳山頂(お昼休憩) →
14:00 山頂 → 14:25 二本松避難小屋 → 15:00 二本松尾根登山口

2009年最初の山登り。
8時半にサークルメンバーと集合し、駐車場で準備をします。
リーダーの指示通りにメンバーそれぞれがスノーシューやわかんを
ザックに付けてましたが、スノーシューとかってほんとに必要なんかなー?
とこの時は思ってました。←重くなるから正直嫌なのです…
この山は登山口近くに地元三重では割と有名な椿大神社があります。
メンバー一同お参りしてから出発です。

椿大神社から徒歩3分程で登山口に到着。
登りは北尾根から行くそうです。愛宕社の入口でもあります。
初っ端から長ーく急な石段を10分程登ります(涙)

スノーシューが重くてザックが後ろに引っ張られてる感じがする(==;

石段を登りきると愛宕社があり、その左手から
登山道が続きます。
最初は土と雪が混ざった道でしたが、登るに連れ、
地面が雪で真っ白になり、やがて深さが増していきます。
雪の量に比例してテンションも上がりまくりー(゚ー゚*)♪

この登山道、ちらほら急登があります。
まあ、鈴鹿の山ならどこにでもあるか(; ̄ー ̄A
愛宕社から1時間程で避難小屋に到着です。
ここで小休止です。

避難小屋辺りから一気に雪深くなりました。
雪質もサラサラで最高ですっ♪

暫らく登るとアセビの森が登場。
トンネルのようでとっても雰囲気のある道でした。
でも段々雪深くなっていくのでアセビとの間隔が狭くなっていきます。
かなり屈まないと通れないのがつらかった(´Д`;)ノ

アセビの森が途切れると視界が開けました。
左手に入道ヶ岳山頂、正面に北の頭というピークが見えました。
山頂にはこの北の頭を経由します。

北の頭。山頂はもう少し左。

再びアセビの森に入り、15分程で北の頭へ到着。
振り返ると雲母峰が見えました。

雲母峰(右)

北の頭周辺では雪がが深い所で腰辺りまでありました。
↑メンバーの1人がずぼっとハマッていた。
ここでスノーシューを装着。
リーダーの言う通りスノーシュー、必要でした(´ー`)ノ

山の上は別世界なのに、すぐ近くに街が見えてちょっと不思議。
山と街が近い!

北の頭から見る鎌ヶ岳(中央)、御在所岳(右)

入道ヶ岳山頂はすぐそこです。山頂には鳥居があります。
あと少し!と思ったのにアセビの森がジャングルのようで
行く手を阻みます(;´∀`)

結局北の頭から山頂まで1時間弱かかりました(予想外)
森の中に他の人のトレースがあったけど、それも迷走してました…。

入道ヶ岳山頂に到着。
山頂は意外にも雪が少なかったです。
強風で雪が飛ばされるそう。なるほどー。

で、山頂はものすごく寒い!少し下って木の陰でお昼ご飯。
それでも相変わらず風は吹いてくるわ、冷えるわで
バーナーから十分に火が出ず、お湯が沸きませんでした…。
ラーメンが食べられなかったΣ(-_-,,;)

景色を見ながら、(寒いので)大急ぎでご飯を
食べて早々に退散です。下山は二本松尾根を行くそう。
今日の下山予定時間は15時、この時既に14時。
間に合うのか?と思ってましたが…。

仙ヶ岳方面

リーダー、思いっきり飛ばします( ̄▽ ̄;
途中にあるこの避難小屋ももちろん、スルー…。

登山道の雪は溶けてどろどろ…
滑りそうですっごく怖かったです(涙)
歩くのが早いメンバーにちょっと置いてかれました(´・ω・`)ショボーン
何であんなに早く下りれるんっ?!

早足で歩いて予定通り、15時に登山口到着。
予想以上に雪がたくさんあり、新年早々、地元で雪山大満喫できました♪
左は自宅に帰る途中、306号線から撮った入道ヶ岳です。

山日記MENUへ戻る




入道ヶ岳(左)

inserted by FC2 system